心の通う体験「NLP講座in岡山」
NLP講座in岡山
写真:講座で人気の直秀先生お手製のスィーツ

こんにちは、マインドクリエーター桂生子です。

「岡山の人は冷たい」。。こんな話を聞いたことがあると思います。
他府県の方から見た、岡山県人のイメージの一つなのかもしれません。
「…冷たい」これを聞くと、私たちは「そんなことないよ。。」と思うものです。


この度の震災を通して、ふと思うのです。

岡山は“晴れの国おかやま”というキャッチフレーズ通り、
災害も気候も少ない場所なのです。
つまり、大変な状況を経験したことがないわけです。
人は、経験のないこと、体験したことのないことには、ピンとこないものです。
「きっと、そうなんだろうな〜」というくらいなのです。


「ありがたい」という言葉。
漢字で書くと、「有難い」。

難が有る 難を経験することで、本当の「ありがたいなぁ」という気持ちを
心から感じ、心から言葉にできるのかもしれません。
東北、宮城の方々の「本当に生きてるだけでも、有難いです。」
「みなさんの、支援に感謝です。」

心から、相手の気持ちが伝わってきます。

聞いている私たちも、涙があふれてきます。
相手の気持ちに共感できたとも言えますし、
私たちも何らかの支援をさせていただこう!という気持ちに
震えたものです。

感じ方一つでも、環境が違うだけでも違うものです。
年齢や性別が違うだけでも、違うものです。

震災に合われた方々の状況や経験に立った時、
「本当に生きてるだけでも、有難いです。」という言葉の
気持ちさえも、受け取ることができるのではないでしょうか。

相手のマップにある、経験を通して出てくる言葉や振舞い。
自分自身が経験したことがなくても、相手の立場に立ってみる。

マップ=(意味:心の中にある経験や体験による捉え方)

相手のマップを通して、相手の立場にたってみる。
相手のマップを尊重してみる。


これも、心の通うコミュニケーションの一歩に繋がります。

先週行いました、NLPコミュニケーション講座。
こうしたマップの違いを様々な視点から捉えながら、
心の通うコミュニケーション体験をワークを通して学びました。

みなさん共に、心の通うコミュニケーションをしたいと願う方ばかり。
同じ願いや目標を持つ者だからこそ、思いが一つになり、
素晴らしい一体感。安心感。信頼感。を互いに感じることができました。
今回は、受講生の方からの体験レポートです。

NLP講座in岡山

2日間NLPを学ばせて頂いて、自分の気持ち、、気づいていなかったことに気づけたり、相手の気持ちに同調することで、相手の気持ちにもっと近くなれたり・・・。
沢山のことを教えていただきました。
他の方たち、、8人のメンバーでもこんなに感じていること、捉えていることが違っていたり、MAPが違ってたりと、、きっと私の会う方みんな違うんですネ〜
人と関わる事が楽しみになりました。
この2日間で、かなり!私のプログラムが変わりました!!

この2日間で、考え方を変えることができたと思います。
今まで、自分の思っていること、考えていることは正しいことだと思って発言していたことがあったことに気づきました。人は違って当たり前だし、価値観も人もそれぞれ違うものだし、それでいいとわかりました。
自分の柔軟性をもっとやわらかく“例外”をつくっていきたいと思いました。
失敗を恐れていたり、失敗することは恥ずかしいことだと思っていたので、チャンスだと捉えることで失敗に対する不安もなくなったと思います。
今回の講座を生かして、仕事に役立てていきたいです。
ありがとうございました。

NLPを学んで、相手のマップを理屈ぬきで理解・共感することができました!
自分とは違うひとり一人、みんなのマップが違っているものだということ。
その違いを受け取ってみる、尊重してみるということが大切である。ということ。
柔軟に対応しながら、相手とのコミュニケーションをあきらめずにめげずにやっていこうと思います。
色んな感覚の人との関わりを持てましたこと、本当にありがとうございます。

NLP講座in岡山
食事の後のデザートタイ
チョコレートケーキ

受講者の皆さんの体験レポート 続き⇒

次回4月9日・10日とNLPコミュニケーション講座
【Stage-2】新たな自分へパターンチェンジする2日間
★早期割引申込:3月26日までにお申込みとお振込みを済ませてください。
★早期割引:4.5万円(←通常5万円)お申込みはメールにて
★全Stage8日間(16万円):全8日間すべてを通して受講した方は、最終Stage-4のお振込の時、再計算いたします。
NLPコミュニケーション講座in岡山
ケイ・ヒプノティックソリューションズ

posted by: マインドクリエーター桂生子 | NLP(心理講座) | 22:38 | comments(0) | - | - | - |