頑張ってもなかなか成果が出ない。その心理は…
 「自分なりに頑張っているんですが、
  なかなか結果が出ないんです。。」



自分なりには、ポジティブにがんばってらして、
いっぱいいいアイデアも出るそうなんです。
しかし、しかし、なかなか思うような結果がでない。。。

という思いを持つ方の話。

お話の中に何度も出てくる「まだまだなんで…」「もっとやらないと…」
ご自身を激励するかのよう言葉の一連。
このような状態になると、かなり悶々としてしまい、
うまくいかないイメージを想像しては、
ビクビクするといった状態。
そのような方の心の中には、
「達成してはいけないんだ!」
という心理が隠れています。

こんにちは、マインドクリエーター桂生子です。

セラピーでたどってみると
その心理は、幼少時に環境により作られていることが多いものです。

例:
・両親がとても厳しかった。

・親に、なかなか認めてもらえなかった経験

・成功すると、厄介なことになる!(人から羨まれる)と言われた経験

・達成すると、人が離れて行った経験がある(成功すると人が嫌う)

・親より勝ったことで、いやな顔をされた経験  など。

このような過去の経験が心の奥に隠れています。


「自分なりに頑張っているんですが、
  なかなか結果が出ないんです。。」


親たちは、良かれと思って子を叱咤激励している場合もあるものです。
しかし、子供の頃ってね、大人の考えや大人の良かれと思う気持なんて、
なかなか理解できないものなんですね。

こうなると、自分が「達成すること」「うまくいくこと」に対して、
無意識なる大きな抵抗感が!!
このように、心の中にある思いこみとして
抵抗感・制限(ブレーキ)となる心理が出来上がってくるのです。

この心の奥に存在する抵抗感・制限(ブレーキ)に気づくことができたら、
あとは、この心のプログラムを書き換えするだけです。


今日の例による思いこみの方の場合は、
「今でも、十分できてるじゃないか!」「よくやっている自分」という
ありのままの自分に気づかれたことで、
「小さくても多くの成功体験・達成した体験を持つことも、
とっても大切だな」という思いになれました。

後で思うと、以前のまま進むと、
どれだけ大きな達成をしてもOKは、でなかったに違いない!と思えたとのことでした。

ありのままの自分でもOK。

今でやっていることを、親ではなくても
他の方に認められるって大切ですよね。

「いやしにゃんMerico」岡山Therapy Stageゆくり庵
「癒しスタッフのMericoちゃん」
心のカウンセリング&セラピーにいらした方が「ほっ」としてくださいます。

もっともっと、可能性のあるStageを
手に入れてみませんか?!


「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
マインドクリエーター桂生子の個人セッション
詳しくはコチラ→

posted by: マインドクリエーター桂生子 | ヒプノセラピー | 23:27 | comments(0) | - | - | - |