誰しも、ある思い込みを通して生きている
「ありのままの自分でいいんだね」


このような気持ちがこころにあるなら
あなたの存在がとても大きくなっている証拠です。


「リンク」マインドクリエーター桂生子

「自分はダメなんだ!」

このようなフレーズをもっているなら、
それはあなたの存在がとても小さくなっている証拠。

こんにちは、マインドクリエーター桂生子です。

昨日は、NLPプラクティショナー講座【平日コース】でした。
やはり、人はみんなそれぞれですね。
参加くださったみなさんも、
MAPの違いを尊重することで、楽になりました〜」という声も多いものです。

さて、Aさんの

「自分はダメなんだ!」
という刷り込み・思い込み(ビリーフ)をお持ちの方Aさんのお話です。
この気持ち、自分へのダメだしと、自分をバカに扱った周囲への怒りとなって
行動や振る舞いに出ていました。


このビリーフは実は、
幼少期にできたものでした。

兄弟に比べられて、とても辛かった経験をお持ちでした。
本当は、もっと言いたいことを言えたらよかったのに
その行動に移せなかった理由があります。
それは、




「人は分かり合うことは無理だ!」
というビリーフです。

10代の時にできたビリーフです。
どんなに他者とうまくコミュニケーションを交わしていこうと思っても、
そしてコミュニケーション学を勉強して、臨みました。
しかし、どうしても越えられない感情がーっ!

またまたさらに、それを上回るビリーフが見つかりました。

「自分と人は住む世界が違う!」

他者ができる事が自分にはできないときに限って、
Aさんは、「人は、自分とは世界が違うから」というビリーフをもって
その場を流し過ごしていたようです。

もちろん、頑張ってかかわろうと思うのですが、

「人の命令は聞くこと!」
というビリーフがそこに存在していたのです。

その場を成り行きに任せて流していた理由は、自分が一人になるのを怖れてだそうです。

「一人はさみしいから」

言いたいことを言うと、きっと相手が自分のことを嫌いになるからだそうです。
本当は、自分にとって受け入れがたいことでも、嫌われるくらいなら、言うことを聞く。
つまり命令を聞くほうが、寂しくなったり不安になったりするよりは
よほど良かったのでしょう。


しかし!結果はむずかしく、さらに深いところにあるビリーフが
影響していることに気づきました。
それは、

「人に優しくすれば!自分にも返ってくる」

確かに、このビリーフだけ聞くと、いい言葉に聞こえますが、
Aさんは、見返りを望むビリーフは思わしくないと受け取りました。
本当は相手への怒りが後から後からこみあげてくるからだそうです。

そして、Aさんにとっては強く相手に伝えるスタイルを選びました。


「自分の意思で動いていいだ!」
 素直な自分で接してもいいんだ!」


Aさんには多くのビリーフが根底に網目のように存在し、
Aさんの思考をコントロールし行動や言動までも、「自分はダメな人間だ」を
強化していったようでした。


MAPの違い=考え方や捉え方は人それぞれ違うということ。
同じ話題について話していても、全く違う価値観や視点でとらえているものである。


このMAPの違いの根底を一部を支えているのが、
ビリーフ(刷り込み・思い込み)です。

誰しも、ある思い込みを通して生きているってことです。
ゆえに相手の持つビリーフが触れあることでピシピシ火花を発しているのかもしれませんね。



「あなたの思い込み(ビリーフ)より良い思い込みにチェンジ」
個人セッション・ヒプノセラピー&
NLP心理カウンセリング

「マインドクリエーター桂生子の個人セッション」
個人セッションは1回〜4回の短期間で解決できるように
桂生子メソッドによるセラピーを行っています。
個人セッションでは心の奥深くにある心的トラウマ・コンプレックス・
信念・価値観など制限となる部分にアクセスし書き変えて行くことで解決へと進みます。
詳しくはコチラ→
セラピスト・マインドクリエーター岸本桂生子と電話で話そう

posted by: マインドクリエーター桂生子 | セラピストのひとり事 | 20:26 | comments(0) | - | - | - |